鍛えれば体型も変化!? 習慣にしたい骨盤底筋エクササイズ

出産後など、尿漏れの症状に悩まされる女性は大勢いらっしゃいます。

その原因は、「骨盤底筋」と呼ばれる筋肉群の衰えによるところが大きいのです。
骨盤底筋の衰えは、他にもさまざまな婦人科系の不調の原因になったり、体型の変化なども
引き起こします。

骨盤底筋を鍛えるエクササイズをおぼえて、日常的に適度に鍛える習慣をつけましょう。

強さと柔らかさを兼ね備えたインナーマッスル「骨盤底筋」

尿道や膣、肛門をとりまいているインナーマッスルを総称して「骨盤底筋」と呼びます。

骨盤底筋は、膀胱や子宮、直腸など骨盤内の内臓が下に落ちないように支える強さとともに、排泄や出産などの時に広げる柔らかさも必要となる筋肉です。

出産や加齢、また長時間のデスクワークや高いヒールを履いて歩く習慣などによって骨盤底筋が衰えると、体型の変化をはじめ、さまざまなトラブルの原因になってしまいます。

衰えると尿漏れや子宮脱の原因にも……

骨盤底筋が弱ることによって、どのような変化が生じる可能性があるのでしょうか。
くしゃみをしたときや重いものを持った時に尿がもれる「尿漏れ」は、骨盤底筋の衰えが大きな原因となります。

さらに、子宮脱、子宮下垂、直腸脱、膀胱脱、尿道脱などの「骨盤臓器脱」も、骨盤底筋の衰えによって引き起こされる可能性があります。

こうした変化が生じなくても、ぽっこりとお腹が出たり、お尻が垂れたりと体型に変化が出たり、血液やリンパの流れが悪くなってホルモンバランスが崩れたりする原因になることもあります。



エクササイズで骨盤底筋を鍛えよう

尿漏れなど、骨盤底筋の衰えによる変化を感じた場合は、骨盤底筋を鍛えることで症状が改善されることがあります。

また、特に変化が現れていない場合でも、骨盤底筋を鍛えることで予防や、ヒップアップ効果、ホルモンバランスを整える効果などが期待できます。
骨盤底筋を鍛えるエクササイズには、以下のような方法があります。

▼おやすみ前やリラックスタイムに

①あお向けに横になり、脚を肩幅に開き膝を立てる
②身体の力を抜き、肛門と膣を締めてゆっくり5つ数える
③ゆっくりと力を抜く(10回ほど繰り返す)

▼デスクワークの合間や、電車で座っている時などに

①椅子に腰かけ、脚を肩幅に開き床につける
②肩やお腹に力が入らないようにしながら、肛門と膣を締めてゆっくり5つ数える
③ゆっくりと力を抜く(10回ほど繰り返す)

上記で紹介したエクササイズは、手軽にできるものですので、習慣にして続けていくことが大切です。
尿漏れ等の症状があって、エクササイズを続けても変化が現れない場合は婦人科外来などで診察を受けることをおすすめします。