出産すると老ける!? 理由はホルモンバランスの乱れだった!


出産は女性にだけ行う事ができる、「命を生み出す」という尊い行為ですが、出産は女性の体に大きな 負担をかけてしまいます。

女性の中には「出産を経験してから今までよりも老けて見られるようになった」という方が多くいます。
美容に気を使っている女性からしてみれば、これほど悲しい事はありません。

今回は女性が出産後に老けてしまう理由をまとめて
みました。
理由をしっかりと知っていれば対応策も見えてくるので、ぜひ覚えておいてください。

【出産後に老ける理由】 プロゲステロンの増加

出産後はシミが増えてしまう事があります。
これはプロゲステロンの分泌過多が理由で起きているの
です。

妊娠をすると赤ちゃんが成長しやすい胎盤を作り上げるために、黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌が増加します。

しかし、プロゲステロンはメラノサイトを刺激し、シミを作りやすくしてしまうのです。

【出産後に老ける理由】 エストロゲンの減少


卵巣で作り出される卵胞ホルモンのエストロゲンは、多ければ多いほど若々しく見えて、 美肌ホルモンとも呼ばれています。

エストロゲンは肌老化の原因となる活性酸素の除去や、
体内のコラーゲンを維持する作用があります。
出産をすると骨盤が緩み、歪んでしまいます。
歪んだ骨盤が子宮を圧迫し、血流が悪くなって
しまいます。

エストロゲンは卵巣で生成されているのですが、必要な栄養が卵巣に届かないため、エストロゲンが減少してしまいます。

このエストロゲンの減少によって白髪や抜け毛が増えてしまうのです。

【出産後に老ける理由】 無理なダイエット


出産をすると、スタイルが崩れてしまうものですが、それを嫌がり無理なダイエットを行う人が
いらっしゃいます。
これはぜったいにやってはいけません。

無理なダイエットの定義は「1ヶ月に5%以上体重を減らす」ダイエットです。
急激な減量はホルモンバランスの分泌量を低下させてしまいます。
女性の大切な美容ホルモンであるエストロゲンを減少させてしまい、肌・頭皮を老けさせてしまう恐れが
あります。

こういった理由から、産後の急激なダイエットは推奨できません。

1人で抱え込まないようにしよう



出産後に老けてしまうのには、しっかりと理由が
あります。
メカニズムが分かれば対処法も見えてきます。

ストレスによってもエストロゲンは減少してしまうので、旦那さん、 両親などの家族やママ友に相談してみて
ストレスを発散しましょう。

エストロゲンと働きが似ているイソフラボンの摂取を
試みるのも良いでしょう。

お母さんは何かと頑張らないといけませんが、家族のため、子どものために、そして自分のためにも綺麗なままでいましょう。