無理は厳禁! 正しい産後ダイエットの知識を持とう


妊娠中は赤ちゃんの栄養も賄わなければならなかったので、ホルモンの働きによって脂肪がつきやすくなってしまいます。

また、運動も満足にできないのでスタイルが崩れてしまうのです。
出産を機にダイエットを考える方も多いですが、正しい時期にしっかりとした知識を持って
ダイエットを行わなければ効果は薄いものになってしまいます。

今回は正しい産後ダイエットについてまとめてみました。

【正しい産後ダイエット】 始める時期

産後ダイエットには時期がとても大切になります。

妊娠中に溜まった脂肪は通常よりも柔らかく、産後ダイエットによって落ちやすいです。
そのため、時期はできるだけ早く産後ダイエットにとりかかるのが良いでしょう。

6ヶ月以内ならば体重・脂肪を落としやすいので目安として考えてください。
しかし、加齢によって代謝が悪くなればそれだけ体重は落ちづらくなるので周囲の人の経験を鵜呑みにせず時期を見定めてください。

ですが、出産直後の体はとても弱くなっていて不安定
便秘や痔、産後うつ病なども起こりうるので急激なダイエットは厳禁です。

体調が安定してきたと感じてからダイエットのことを考えてください。
体調が安定する次期は大体1ヶ月から1ヶ月半ごろ。

この時期からダイエットを意識しましょう。

【正しい産後ダイエット】 授乳とカロリー

赤ちゃんに母乳を与える行為もカロリーを消費します。

授乳によって1日に消費するカロリーは600~800calで、ウォーキングでこのカロリーを 消費するには約2時間かかると言われています。

そのため、授乳婦が1日に摂取しなければならないカロリーは2400~2800calです。

一般の成人女性が1日に摂取するカロリーが大体1800~2200calなので、授乳婦は一般女性よりも 600cal多く摂取することになります。

授乳時期が終わっても今までと同じ勢いで食べてしまうと、産後太りを加速させてしまうので注意が必要です。

【正しい産後ダイエット】 骨盤

出産は赤ちゃんを産むので、骨盤が拡がり、ゆがんで
しまいます。


骨盤のゆがみを放置すると脂肪がつきやすくなり、どんどん足が太くなってしまう ので、日頃の骨盤ケアが大切に
なります。

最近では有効な方法として骨盤ダイエットが人気ですが、
骨盤は日常生活でゆがみが悪化する恐れがあるので、
そういった原因を把握して、 意識することが大切です。

骨盤は
・長時間同じ姿勢
・足を組む
・中腰
・体育座り
などでゆがんでしまうので、ダイエットの効果を高めるために
骨盤をゆがませる習慣を改善しましょう。