このエントリーをはてなブックマークに追加

【産後の肌トラブル】 日々のスキンケアで肌を守ろう

出産は命懸けです。
お母さんとなる女性は体力や気力を注ぎ込んで赤ちゃんを産み出さなければなりません。

そのため、産後のお母さんの身体は非常に弱ってしまい、さまざまな異常や体調変化に
悩まされることに。

その中の1つが肌トラブル。
産後の女性は肌の不調で困っていることが多いです。
今回は、産後の女性がやっておきたいスキンケアを紹介いたします。

産後とホルモンバランス



妊娠すると黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌が
増加
します。
卵胞ホルモンであるエストロゲンの分泌も妊娠が進むことによって増加

2つの女性ホルモンは妊娠末期まで増加を続けるのですが、
産後は身体が元の状態に戻ろうとします。
つまり、これらのホルモンが激減するのです

ホルモンバランスの急激な増減さまざまな諸問題をひき起こしますが、その中の1つに肌トラブルがあります。

肌のバリア機能低下

ホルモンバランスが乱れることで心身にストレスを抱え、慣れない育児でクタクタになる。
こういった日々を繰り返していくと、「肌バリア」の機能が低下します。

肌表面の皮膚膜がバリアを形成し、外部の刺激から肌を保護するのを「肌バリア」というのですが、
機能が低下することで外部刺激に弱い肌に。

結果的に角質層で水分が保持できない肌になり、乾燥肌・敏感肌の原因になりますし、シミ・湿疹の原因にもなってしまうのです。

産後のスキンケア

産後は育児に忙しいだけでなく、体調も優れないため、
スキンケアを怠りがちです。

たしかに、スキンケアをするよりも疲れを取りたい・眠りたい気持ちもわかりますが、最低限の対策として保湿ケアだけでも行っておきましょう。

化粧水や乳液、美容液全部をつけていると時間がかかるので、
美容クリーム1つにしておくと時間もかからず便利です。
オールインワン化粧品も時短効果が高いので試してみると良いでしょう。

産後に肌質が変わって、産前に使っていた化粧品が合わなくなったと感じたら、
すぐに使用を中止して下さい。
刺激の弱い、肌に優しい製品を使うことをオススメします。

日々の積み重ねが肌を作ります。
出産直後は自分のことをする余裕はないかもしれませんが、ちょっとした時間で行う
スキンケアが将来の美容を守るのです。


後悔しないように、しっかりと対策することをオススメします。