このエントリーをはてなブックマークに追加

産後の出血!「悪露(おろ)」と生理のメカニズム

膣からの出血があった場合、生理だと考えるのが自然です。

しかし、産後の出血だと生理ではなく悪露(おろ)の可能性が高いでしょう。
今回は悪露と生理の仕組みについて紹介いたします。

産後で不安の多いお母さんは目を通してみて下さい。

悪露の基礎知識



悪露とは、産後すぐから始まる、出産時に子宮から出血した際の残り、剥がれ落ちた子宮内膜のかけら、胎盤があった場所や産道の傷跡からの分泌物を指します。

分娩直後2~3日ぐらいの悪露は真っ赤な鮮血で量が多いのが特徴です。

4~7日までは直後よりもトーンの暗い赤色で、生理程度の量に。
産後2~3週目になると褐色で量は少なくなり、産後4週目以降は黄色いクリーム状でごく少量の悪露が
出ます。

産後の生理


悪露が終わってもすぐに生理が来るわけではありません。

授乳している場合はホルモン・排卵が抑えられるため、生理が来ないもの。
授乳している場合は産後5~6ヶ月、授乳していない方は産後2~3ヶ月で生理が再開されることが多いです。

しかし、授乳している方でも1カ月で生理が始まることもありますし、1年前後生理がストップすることもあるため、個人差が大きいと言えるでしょう。

早い時期の生理と悪露の見分け方


生理の再開は子宮の状態を知るための助けとなるものですが、生理の再開が1カ月前後と早い場合、悪露との区別ができずに不安に思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、この時期の悪露と生理とでは形状が大きく異なります。
量は少なく、色も全く違うので、まず区別がつくのではないでしょうか。

ただし、悪露も子宮の状態を表し、産後1カ月前後でも悪露と生理の見分けがつかない
ようだと気を付けて下さい。

以下の項目に当てはまる場合は注意が必要です。

悪露の量が多く、血が流れるような感じが続く
腹痛があり痛みが続く、もしくは強くなる
悪臭を伴う
熱・微熱
悪露の量が減らない、色が変わらない
一カ月以上悪露が続く

このような状態が続いている場合は、子宮の回復が芳しくない可能性があります。
症状が重くなると赤ちゃんの世話にも影響をきたすため、思い当たる節がある場合は、
念のため病院で診断を受けて下さい。